おもてなし事始め:②メニューを考える

12月に入り、忘年会シーズン到来です。
今回のおもてなしのテーマは、「ほっこり温まる忘年会」
テーマを決めたら、次は「メニュー」構成を考えます。
ポイントは3つ。

1.旬の食材を使用する
2.メニューごとに調理方法を変える
3.調理のタイミングを変える

1の旬の食材を取り入れることで季節感を演出できます。
2は、「煮る、炒める、漬ける、焼く」などメニューごとに調理方法を変えることで、全体にメリハリがつきます。
3は、「前日、当日の朝、直前」のように調理のタイミングを変えることで、準備を分散することができ、効率よく調理できます。
以上を踏まえたうえで、以下のメニュー構成にしてみました。
最近は「タルト・フランベ」が気に入っているので、毎回登場しています 笑。

<ほっこり温まる忘年会のメニュー>
・トマトときのこのスープ
・人参と大根のピクルス
・鶏肉の南蛮味噌炒め
・大根の煮物 葛あん仕立て
・タルト・フランベ(ベーコンと玉ねぎの薄焼きピザ)
・アッシュパルマンティエ(ジャガイモのグラタン)

<TIPS>
この季節おすすめなのはウェルカムドリンクとしてスープなどの温かい飲み物を出すこと。ウェルカムドリンクというとスパークリングワインといった冷たい飲み物のイメージがありますが、寒い季節はまず温かい飲み物で体をほっこりしてもらうとゲストもリラックスできます。