クリスマスじたく

もうすぐクリスマス。
生クリームとイチゴでデコレーションされたクリスマスケーキは昔からの定番ですが、ドイツのシュトーレン、イタリアのパネトーネ、フランスのブッシュドノエル、イギリスのクリスマスプディングなど、日本でも様々な国のケーキをたくさん見かけるようになりました。
ヨーロッパのケーキは、ドライフルーツやお酒、スパイス、マジパンなどを使い、クリスマスまでに少しずつ食べたりなど、日持ちするものも多いようです。

今年は、先日お菓子教室で学んだ「コーヒーとウォルナッツのケーキ」をアレンジして作る予定です。
エスプレッソコーヒーとナッツの入ったパウンド生地に、コーヒークリームをはさんだ大人のケーキ。
シンプルなケーキですが、バター(油)と卵(水分)を分離させないように混ぜていくことが、しっとりとした生地に焼き上げる秘訣。
なかなか奥が深いです。