【報酬は35ドル!】ナイキロゴ誕生のエピソード

世界中で愛されているスポーツブランドのナイキ
ナイキといえば、あのブーメランのような躍動感のあるロゴがすぐに思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
ナイキのロゴは、時代を経て改良されており、現在は文字もない最もシンプルなロゴマークです。
今回は、そんなナイキロゴ誕生のエピソードがテーマです。

ナイキロゴのデザイナー キャロライン・デビッドソン

ナイキ創業者であるフィル・ナイトがロゴのデザインを依頼したのは、
アメリカ・ポートランド州立大学でグラフィックデザインを学んでいたキャロライン・デビッドソン
フィルが同大学で講師をしていたことがきっかけで知り合い、デザインを依頼することになったのです。
フィルは、キャロラインに「躍動感のあるものを」とリクエストしました。
彼女が出したいくつかのデザイン案の中に、創業メンバーたちの目を引くものがありました。

翼みたいで、ランナーが走った後みたいだ

古代を彷彿とさせ、時代を超越したものを感じる

そして、報酬としてキャロラインに35ドルの小切手が渡されました。

1971年に商標登録されたロゴマークは、”ビューンと音をさせる”という意味の「スウッシュ (Swoosh) 」という名称がつけられました。

ナイキの由来はギリシャ神話の女神「ニケ」から

キャロラインのデザインしたロゴにつけたブランド名が、「NIKE(ナイキ)」。
NIKE(ニケ)」と綴って、英語読みで「NIKE(ナイキ)」。
ニケは、ギリシャの神、勝利の女神の名

まさにスポーツブランドにふさわしい名前です。

キャロラインへのサプライズプレゼント

当時は、約5,000円ほどの報酬でロゴをデザインしたキャロラインですが、
ナイキがグローバル企業として成長した12年後、ナイキ幹部と創業者フィル・ナイトが、
キャロラインにナイキの株券と、スウッシュ (Swoosh)デザインの金とダイヤモンドのリングをプレゼントしたのだそうです。

ナイキ誕生の秘話は、以下の著書に書かれています。

まとめ
今回は、ナイキ創業者であるフィル・ナイトの著書「SHOE DOG(シュードッグ) 靴にすべてを」の中から、
ナイキのロゴ誕生のエピソードがテーマでした。