【読み返したくなる絵本】BROOCH/ブローチ

時々ふと読み返したくなる絵本です。
内田也哉子さんの独特な感性で表現されることばと、
KIGIデザイナーの渡邉良重さんが描いた清楚で柔らかい絵が、
素敵なハーモニーを奏でる絵本BROOCH/ブローチをご紹介します。

薄紙に印刷されていて、次のページが透ける仕掛けになっているので、
その重なりがまた美しいです。

心をリセットしたいときに読みたくなる一冊です。

むかし むかし
忘れものに 気付いたのは ずっと昔
世界中を 歩き回っているうちに
あまりに いろいろなことが ありすぎて
忘れてしまいました

だいじなもの
それは
けっして重たくないのに
おごそかな存在感に溢れていて
ひかりをたっぷり浴びた日には
ここぞとばかり艶やかなぬくもりをたたえ

どこにでもあるようで
どこにもないもの

読み進めていくうちに、心が晴れやかになってきます。

それから
青い空を
青く憶(おも)った

外の世界を見ることは
内なる自分に 耳を澄ますことに似てるはず

なのに気付くと
見失ってしまうことしばしば

現在地さえも
わからなくなる

そっと 右手でおさえると
ここに あった
わたしのブローチ

この先も道は はるか遠くつづく
足りないことを数えすぎて
満ちているいまを 忘れてしまわないように
小さな祈りを 胸にかざる

読み終わったときには、心がニュートラルな状態に戻っている感覚です。

BROOCH/ブローチ
リトルモアブックス
絵:渡邉良重/文:内田也哉子
デザイン:渡邉良重

まとめ
心が疲れたとき、ぜひ読んでみてください。
マインドフルネスな気持ちになれる一冊です。