【お手本にしたい】北欧生まれの心地よい生活 ヒュッゲ

パチパチと音を立てる暖炉を囲みながら、家族や友人と過ごす時間。
キャンドルに火を灯して、温かい飲み物を飲んだり、一人で読書をする時間。
ヒュッゲ(Hygge)とは、北欧デンマーク生まれの心地よさの概念です。

2020年 世界幸福度ランキング

国連の持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)が
2020年3月20日に世界幸福度ランキングを発表しました。

  1. フィンランド
  2. デンマーク
  3. スイス
  4. アイスランド
  5. ノルウェー
  6. オランダ
  7. スウェーデン
  8. ニュージランド
  9. オーストリア
  10. ルクセンブルク
  11. カナダ
  12. オーストラリア
  13. 英国
  14. イスラエル
  15. コスタリカ
  16. アイルランド
  17. ドイツ
  18. 米国
  19. チェコ
  20. ベルギー

上位はほぼ北欧諸国が独占しています。

日本は、毎年下がり続けて62位

先進国中では最低レベル。とても残念な結果です。

ヒュッゲ(Hygge)って何?

人とのつながりを通して、あたたかさや癒し、幸福感を得ること。
一瞬一瞬を大切にしながら、好きなものに囲まれて過ごすこと。

そんな心地よい時間や空間を大切にする北欧のライフスタイルが、
幸福度の高さにつながっているのではないでしょうか。

ヒュッゲの概念は、抽象的でわかりづらいかもしれませんが、
自分にとって心地よい場所や、心地よいものや人に囲まれて過ごすこと

例えば、

  • 暖炉の前で温かい飲み物を飲みながら、家族と過ごす
  • 大好きな音楽を聴きながら、ソファに寝転がってのんびりする
  • こたつでみかんを食べながら、おしゃべりする

ヒュッゲに関する本も数多く出版されていますが、その中の一冊をご紹介します。

デンマーク生まれの著者が実践しているヒュッゲなライフスタイルが詳しく書かれています。

まとめ
今回は北欧の生活スタイル ヒュッゲについてご紹介しました。自分なりのヒュッゲを見つけて、快適な生活習慣を実践してみたいものです。