【ホッとするおいしさ】あんこの魅力

無性にあんこが食べたくなるときってありませんか?
あんこは、粒あん派とこしあん派とわかれますよね。
食べ方もいろいろ。
お正月にも大活躍します。今回は、そんなあんこがテーマです。

あんこのお菓子いろいろ

あんこを使用したお菓子やパンはたくさんあります。

  • お汁粉
  • 最中
  • 豆大福
  • 桜餅
  • おはぎ
  • どら焼き
  • たい焼き
  • 饅頭
  • あんみつ
  • ぜんざい
  • あんバタートースト
  • あんぱん

まだまだたくさんありますし、自分なりの楽しみ方をしている人も多いのではないでしょうか。

私は、温めた牛乳や豆乳にあんこを入れて楽しんでいます。

季節ごとに楽しめるあんこ

春は桜餅や柏餅、夏は水羊羹、秋はおはぎ、冬はお汁粉など…。
季節ごとに楽しめるのがあんこの魅力ではないでしょうか。

これからの季節は、お餅入りのお汁粉が食べたくなります。

ご当地のあんこを使った和菓子

饅頭などのお土産品など、日本全国あんこを使用した和菓子はあります。
旅行や出張先で出会ったあんこの和菓子といえば、「秋保のおはぎ」や「はっさく大福」。

「主婦の店 さいち」で販売されている宮城名物 秋保のおはぎ

宮城名物の「秋保のおはぎ」は、スーパー「主婦の店 さいち」で販売されている人気のおはぎ。
行列ができるほどの人気ぶりだそうです。
幸い、仙台駅のお土産屋さんでも購入することができました。
おばあちゃんが作ってくれるおはぎみたいに、素朴で懐かしい味です。

白あんとはっさく、餅の絶妙な組み合わせ 「はっさく大福」

広島県の名物が「はっさく大福」。
みずみずしいはっさくと、白あん、餅のハーモニーがたまらなくマッチした絶品です。
日持ちしないので、お土産に購入できませんが、アンテナショップでも売られています。

まとめ
今回のテーマはあんこでした。
素朴な味のあんこから、老舗和菓子店のあんこまで、幅広く楽しめるあんこ。
自分なりのおいしい食べ方を発見してみてはいかがでしょうか?


 関連記事↓

【やっぱり老舗の味】神楽坂周辺の和菓子店 3選