【ベトナムのソウルフード】バインミー

ベトナム発祥のサンドイッチ「バインミー」。
フランスパンに野菜やなます、鶏肉やパクチーなどの香草をたっぷり挟んだサンドイッチです。
米粉入りで空気を多く含んだ軽い食感が特徴です。

フランスの植民地だったベトナム

19世紀末、ベトナムはフランスの植民地だったため、今でもフランスパンが広く食べられています。
古くから中国にも支配されていたベトナムでは、中華料理をベースにしたベトナム料理が発展していました。
そこにフランスの食文化が伝わり、独自の発展を遂げたのです。

様々な文化が混ざり合ったったベトナムの食文化は、独特かつとても豊かです。
野菜をたくさん摂る工夫が随所に感じられ、ヘルシーなところも魅力で、
日本人にも食べやすく、人気が高いベトナム料理。

基本のバインミー

複雑に混ざり合った食文化を代表するようなバインミー
ベトナムでは、フォーと並んで朝食の定番として知られています。
店によってその味わいが異なりますが、ポイントはフランスから伝わったレバーパテとベトナムの家庭料理なます
この意外性のある組み合わせが、ベトナムのソウルフードなのです。

たっぷりの野菜やハーブ

ベトナム人は、野菜を美味しく食べる国民です。
野菜やハーブを上手に取り入れる技も持ち合わせています。
バインミーも、基本のなますに、レタスやパクチー、ネギ、玉ねぎなど、野菜をたっぷりと投入します。

決め手はニョクマム

味の決め手は、ニョクマムと呼ばれるベトナムの魚醤。
小魚に塩を加えて発酵させた調味料で、これに砂糖やレモンかライム汁、ニンニク、唐辛子を加えたソースをヌクチャムと呼び、
バインミーを始め麺類や鍋のつけ汁など、幅広い料理に使われます。
現地ではニョクマムをかけながら食べることもあるそうです。

幅広いバリエーション

屋台や店によって、バインミーの具材は様々です。
基本さえ守れば、甘味、塩気、酸味、野菜やハーブの清涼感が一体になった美味しいバインミーが仕上がります。
レバーパテ以外にも鴨や魚のパテを用いるお店や、蒸し鶏やベーコン、中華ハム、エビなどを挟む店もあるようです。

本場のバインミーが味わえるお店「バインミー☆サンドイッチ」高田馬場店

本場のベトナム人も通うほどの人気店「バインミー☆サンドイッチ」。
こちらはテイクアウト専門店です。
定番メニューの、ベトナムハム&レバーペーストから、鶏焼肉、豚焼肉、牛焼肉など、様々な具材が選べます。
また、月替りで登場するメニューもあります。

食券を購入して、カウンターで渡すシステム。
ベトナムハム&レバーペーストを注文しましたが、たっぷりのパクチーにレバーパテ、なますがやわらかいフランスパンに合って、パンチのきいたオリジナリティのある味でした。
フランスパンもお店で手作りされているそうです。

各550円で、スモールサイズは330円。
お肉やレバーペースト、パクチー、なます、チリソースなど30円から追加でトッピングできるため、
お好みで味の調整ができるのもうれしいサービスです。

バインミー★サンドイッチ
所在地:東京都新宿区高田馬場4-9-18 畔上セブンビル101
営業時間:火曜日~金曜日:11時~19時
     土曜日:11時〜18時、
    祝日:11時〜17時
定休日:日曜日・月曜日
※イートインなし 外にベンチあり
まとめ
歴史的背景から、多彩な食文化が根付くベトナムのサンドウィッチ「バインミー」。
まずは専門店で、本場の味を体験してみてください。
そして、お正月、おせち料理の紅白なますが余ったら、自宅で作ってみてはいかがでしょうか?