【フランス ブルターニュ地方のボルディエバターが買えるお店】レピスリー神楽坂

バターが特産のフランス ブルターニュ地方のなかでも最高品質のバターとして、三ツ星レストランや一流ホテルでも採用されている「ボルディエバター」。
日本ではなかなか手に入らないこのバターですが、フランス食材店「レピスリー神楽坂」で購入することができます。

ブルターニュは、おいしいものの宝庫

海に面したブルターニュ地方は、牡蠣など海の幸だけではなく、塩、シードルにそば粉のガレットなど、おいしいものの宝庫です。
そば粉のガレットは、日本でも食べられるお店が増えたので、知っている方も多いのではないでしょうか。

ジャン・イヴ・ボルディエ氏が手掛ける最高品質の「ボルディエバター」

バターもブルターニュの特産の一つ。
「ボルディエバター」は、最高品質のバターとして、三ツ星レストランや一流ホテルでも採用されています。

「ボルディエバター」を作るジャン・イヴ・ボルディエ氏は、木製の道具を使った伝統製法のバターを作るフランスで唯一の職人です。
一つ一つが手作りで口溶けがよく、ミルク本来の甘みと香りが広がります。
「無塩」「有塩」の他にも、「海藻」「ゆず」「燻製」などがあります。

おすすめは「ブール・ダルグ(海藻のバター)」

種類豊富なボルディエバターの中でも、おすすめなのが海藻入りの「ブール・ダルグ(Beurre d’algue)」。
ブールは「バター」、アルグは「海藻」という意味です。
刻んだ海藻が練り込んであり、海の香りとともに程よい塩気があるので、そのままバゲットに塗るだけで止まらなくなるおいしさです。
これだけでもワインのおつまみとして立派な一品になります。

他にも、じっくり焼いたさつまいもや、茹でたキャベツにもよく合います。
海藻の塩気と、バターのコク、野菜の甘みが一体となって、これもまた無限に食べられてしまいそうです。

この「ブール・ダルグ」は、フランスでは、魚を焼くときに使ったり、パンに塗ってカキやホタテ貝、カニやエビに添えたりします。

ボルディエバターが買えるフランスの食材店「レピスリー神楽坂」

そば粉のガレットとシードルが楽しめる「ル ブルターニュ」の姉妹店として、フランスの食材を扱う「レピスリー神楽坂」。
こちらで、ボルディエバターを購入することができます。
その他にも、シードル(りんごのお酒)や塩キャラメル、ガレット・ブルトンヌなどブルターニュを中心としたフランスの食材や特産品を扱うお店です。
賞味期限が近いものは、セールになることも。
日本ではなかなか手に入らない食材がたくさんあるので、見ているだけでもワクワクします。

レピスリー神楽坂
住所:東京都新宿区神楽坂4-2

ル ブルターニュ神楽坂店
住所:東京都新宿区神楽坂4-2

まとめ

日本ではなかなか手に入らないフランス ブルターニュ地方で作られている「ボルディエバター」。
ワインやシードルとともにぜひ味わってみてはいかがでしょうか。