【福島県会津地方の郷土料理】干し貝柱のうまみたっぷりの「こづゆ」

福島県の西側に位置する会津地方は、城下町として栄えた場所です。
そんな会津地方の郷土料理「こづゆ」。
汁物と煮物の中間のような料理で、もともとは武家料理。
ニンジン、サトイモなどたっぷりの野菜から出る甘みと、干し貝柱のうまみが溶け合い、
絶品の郷土料理です。
今回はそんな「こづゆ」をご紹介します。

人が集まるときには欠かせない「こづゆ

お盆や年末、お祝い事など、人が集まるときに鍋いっぱいに作る「こづゆ」。
ニンジン、サトイモ、キクラゲ、椎茸、麩、しらたきが代表的な具材です。
季節によって、山菜や竹の子、ギンナンなども加わります。

干し貝柱をたっぷり使う

こづゆ」のダシは、干し貝柱
しかもたっぷりと使います。
干し貝柱の戻し汁で具材を煮て、醤油で味付けすれば出来上がり。
とてもシンプルな料理です。
もう一つの特徴は、こづゆ椀という、平たい漆塗りの器でいただきます。

干し貝柱は一晩かけて戻します。
具材は、細かく切るのが一般的。
干し貝柱の香りを活かすため、味付けはうす味で。

こづゆのレシピはこちら
福島県「会津のこづゆ」JAあいづ若松女性部

おばあちゃんの味

私の父の生まれが会津坂下でしたので、幼少の頃は毎年祖母に会いに会津を訪れていました。
味噌蔵の匂いや、田んぼで飛び跳ねるカエル、どれもとても新鮮な思い出です。
その中で、一番思い出に残っているのが、祖母の作る「こづゆ」でした。
こづゆ」が会津の郷土料理だったのを知ったのは、祖母が亡くなってからでした。
今思えば、祖母の家でしか食べたことのない料理。
材料は決して特別なものではないけれど、私にとっては特別な料理でした。

神楽坂で「こづゆ」が味わえるお蕎麦屋さん「蕎楽亭

神楽坂にあるお蕎麦屋さん「蕎楽亭」。
福島県会津柳津町産の玄そばをメインで使用し、店内の石臼で製粉しています。
もちろんお蕎麦は絶品ですが、「こづゆ」もいただくことができます。

いつも並んでいる人気のお蕎麦屋さんです。

蕎楽亭
所在地:東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F
営業時間:昼 11:30〜15:00
     夜 17:00〜21:00
定休日:日曜日、月曜日、祝日

まとめ
今回は、福島県会津地方の郷土料理「こづゆ」をご紹介しました。
お正月にもぴったりなおもてなし料理です。
ぜひ味わってみてください。