【泡つまみでアペロ】坂田阿希子さんのレシピ

料理研究家で洋食店のオーナーでもある坂田阿希子さん。
料理本も多数出されています。
その中でも、2014年に出版された「『泡』つまみ」。
シャンパン&スパークリングワインに合うレシピを紹介した本で、これからの季節、アペロにぴったりです。

『泡』つまみ

坂田さんといえばキャロットラペというイメージがありますが、
もちろんそれ以外にもオリジナリティあふれるレシピをたくさん考案されています。
特に「『泡』つまみ」本のレシピは、アペロとして軽く食べられるお料理を紹介しているので、
手軽にできるものばかりです。
アペロとは、気軽にサクッとお酒と軽食を楽しみながらおしゃべりをする時間をいいます。
「前菜」「サラダ」「ちょこっとメイン」「デザート」の4つのカテゴリーに分け、
泡に合うおつまみが紹介されています。

最初に出す定番おつまみ「きのこペースト」

そんな「『泡』つまみ」本の中で、何度も作っているのがきのこペースト。
私は、フードプロセッサーを使ってみじん切りする手間を省いています。
ペーストに合わせるサワークリームがよりいっそうリッチな味わいにしてくれます。
トーストしたバゲットの食感の違いを楽しめます。
バゲットは薄めのスライスがおすすめです。

きのこペーストのレシピ

【材料】

  • 生シイタケ 10枚
  • マッシュルーム 6個
  • ニンニク 2カケ
  • アンチョビ 40g
  • オリーブ油 大さじ3
  • 塩、コショウ 各少々
  • サワークリーム 適量
  • バゲット 適量

【つくり方】

  1. シイタケとマッシュルームはペーパータオルなどで汚れをふき、細かいみじん切りにする
  2. ニンニク、アンチョビも細かいみじん切りにする
  3. フライパンにオリーブ油を熱し、1.を加えてしっとりするまで中火で炒める
  4. 味をみて、塩、コショウで味をととのえる
  5. スライスして軽くトーストしたバゲットにサワークリームと2.をのせて食べる

ピスタチオが隠し味「プルーンベーコン」

プルーンをベーコンで巻いて焼いたプルーンベーコンは、甘じょっぱさがクセになるおいしさ。
一口で食べられるのサイズがまた可愛らしいです。
ピスタチオがアクセントになっています。
材料さえそろえば、あっという間にできてしまいます。

プルーンベーコンのレシピ

【材料】(5〜6人分)

  • プルーン(種抜き) 10〜12個
  • ベーコン 5〜6枚
  • ピスタチオ 20〜24粒
  • 粗挽きコショウ 少々

【つくり方】

  1. ピスタチオはローストして皮をむき、プルーンの種の穴の部分に2粒ずつ詰める
  2. 半分に切ったベーコンをプルーンに巻き、ピックでとめる
  3. オーブントースターで7〜8分焼き、黒コショウをふる

『泡』つまみで構成する春の宴

この泡つまみ本の4つのカテゴリーからそれぞれチョイスして、ホームパーティーのメニュー構成を考えてみました。
テーマは、「お花見アペロ」。

  • キャベツのアンチョビオイル(前菜)
  • 3種チーズと松の実のタルト(前菜)
  • ホワイトアスパラガスのサラダ(サラダ)
  • キャロットラベ(サラダ)
  • レモンのパスタ(ちょこっとメイン)
  • シャンパントリュフといちご(デザート)
  • まとめ

    キリッと冷えたシャンパンやスパークリングワインがおいしい季節になりました。
    旬の食材を使った泡つまみで、アペロを楽しんでみてはいかがでしょうか?

    『泡』つまみ
    著者:坂田阿希子

     関連記事↓(上田淳子さんのレシピ本を紹介しています)

    【前菜だけでアペロ】気軽にホームパーティーのすすめ